肌荒れについて思うこと。日常の肌荒れに使用する化粧品

日常に使用する肌荒れ時に使用する化粧品としては主に2種類の化粧品を使用します。一つはももの花 薬用乾燥皮フクリームCです。こちらはハンドクリームなどで知られているももの花を制作している会社の乾燥肌用のクリームで乾燥肌と肌荒れに効果のある化粧品として使用できるクリームです。どちらかと言うと肌ケア用品になります。お風呂上りなどに使用して使うとより効果的ですが、効果がある分問題もあり、べた付きます。べた付き自体は時間が立てば収まり、肌の表面を保護してくれますが時間が立つまでの間はべた付きますので衣服にも張り付いてしまいます。

 

もう一つのケア用品については飲み薬で肌荒れを改善させる方法です。ハイチオールBクリア という製品がありまして大体ネットで一番多い錠剤入りで2000円弱で購入できる製品で利点は飲んで肌荒れを改善することが出来る美用品です。男性、女性関らず飲むことが出来る製品で、11歳以上であれば服用できます。成分は主にビタミンの誘導体で肌の退社を改善することで肌荒れを改善するお薬なので医薬品になります。医薬品であるため効果としては肌荒れの改善がなされますが、問題としては世量を守らないと副作用が起きますし、私の場合用量を守ってきちんと飲みましたが若干胃がおかしくなりました。1ヶ月ほど使用して改善が見られない場合使用を止めるようにとの記載がありますので1ヶ月使用して改善が見られない場合使用を止めたほうがよいようです。なお、ハイチオールシリーズはシミやそばかす、美白効果のある品物もありますが、そちらについては使用したことがないので分らないです。ですがシミやそばかすを薄くする効果があるとされており、医薬品ですので効果はあるかもしれないです。

 

火傷を軽減させる塗り薬と火傷跡をごまかす化粧品について

火傷を負った場合、治療効果のある塗り薬としては間宮のアロエ軟膏が有名です。この薬は肌荒れの改善薬としても知られていて、夜寝る前のケア化粧品としても使用できます。塗る場所はほぼ全ての皮膚に使用でき、べた付きに関しては最初べた付きますがすぐにベタつきが収まるようになっています。ただし、火傷の治療効果については赤くなっている程度の火傷のみに効果を示しますのでただれてしまっている場合については効果はありません。その場合は素直に病院に行くようにしましょう。そして火傷後を隠すことが出来る化粧品としては、資生堂から発売されている資生堂 パーフェクトカバーシリーズの化粧品であれば、全て火傷を負っている上からお化粧をすることが出来ます。こちらの製品はファンデーションになりまして火傷を隠すことが出来る製品です。お値段としてはクレンジングオイルが2000円でそれ以外のファンデーションは3000円になります。女性用の化粧品になりますので女性向けに作られており、あくまで火傷後を隠すことが出来る化粧品となりますので、火傷をある程度治療していることが使用できる前提になります。そのため、火傷を治療していない場合は使用することが出来ませんので注意が必要です。

 

日焼けによる肌荒れについて

太陽光にさらされた場合に起こる問題としては日焼けです。日焼け対策については一番効果的なものは手袋が一番効果的です。ISTORA から発売している製品がオススメの手袋で理由としては抗菌であり伸縮性が高いため、男性、女性問わず使用できます。女性の場合ですとシルクで出来ているアルールの手袋の方が触れた際の感触が良いのでそちらでもよいですが、アルールは短い手袋になりますので車の運転用の手袋になるでしょう。手袋以外で日焼けを防ぐことは難しいので、それ以外ですとUVクリームなどを使用することで日焼けを防ぐことができますが値段が安い分効果もまばらです。UVクリームですと大体800円も出せばよい品物が購入できますがやはり手袋と比べると効果が薄いです。

 

手袋の場合、腕を覆い隠す物ですと安い物で800円、高い物で2000円となりますのでUVクリームと同額か高い値段で購入できます。手袋の場合、利点としては腕全部を覆うことが出来、日光を防ぐことができ、材質によってはつるつるしている者や通気性がよいものなどがあり、蒸れない物もありますが、値段が安いと通気性が悪いものもあり蒸れやすいです。また、男性が擦ることが出来るタイプの日焼け防止手袋という物が少ないので男性にハムかないかもしれないです。男性の場合は、UVクリームなどで太陽光を防ぐのが一番効果的ですが、クリームの利点としては簡単に日焼けを防ぐことができる点ですが、デメリットとしては完全には日焼けを防ぐことができない点と、汗をかくとクリームの効果が薄れることです。これについては男性、女性問わず汗をかけば効果が薄れますので、オススメとしては男性でも使用できる日焼け防止手袋を男性も使用するのが良いでしょう。

ページの先頭へ戻る